深夜酒類提供飲食店届に関する記事一覧

静岡でガールズバーの許可を取得!|必要な手続きや流れを公開

静岡でガールズバーを始めたい

ガールズバーを始めるにはどうしたらいいの?

申請は自分でできるのか?

などなどこのHPを読んでいる方はガールズバーを開業するにあたって様々な悩みを抱えているのだと思います。そこで本記事では以下の点を紹介します。

  • ガールズバーを始める為の許可
  • 必要書類
  • 行政書士に依頼する場合の報酬とメリット

是非最後まで一読下さい。

静岡でガールズバーの許可を取得!|必要な手続きや流れを公開

本題に入る前に少し余談ですが、ガールズバーはキャバクラと比べて比較的参入が容易です。当事務所が依頼を受けることも多く、店舗数は増加傾向にあります。

しかしその一方で無許可営業で警察から摘発を受ける店舗を少なくありません。それはなぜか?簡単に言ってしまえば深夜酒類提供飲食店届で営業をしているのにも関わらず、キャバクラやホストクラブのような接待行為をしてしまうからです。

では次の見出しで詳細を説明しましょう。

ガールズバーは風俗営業許可or深夜酒類提供飲食店届

先述したように無許可営業で警察から摘発を受けるガールズバーは少なくありません。

基本的にはガールズバーは女性スタッフが働いている深夜営業のバーなので必要な許可は以下の通りです。

飲食店営業許可+深夜酒類提供飲食店届

飲食店営業許可については下記の記事をご覧ください。

静岡の食品営業許可|全体の流れと申請前に押さえるポイントのご案内

しかし一方でキャバクラのように接待行為を女性スタッフがする場合は以下の許可が必要です。

飲食店営業許可+風俗営業許可(1号営業

接待行為とは要はキャストが特定のお客さんと談笑をしたりお酌をしたりする行為を指すのですが、要は普通のキャバクラで通常行われている行為だと考えてくれればOKです。
詳細を知りたい方は下記の記事をご参考にして下さい。

接待行為はどこまで大丈夫?|店長さん・キャストさんは必見です

深夜酒類提供飲食店届と風俗営業許可(1号営業)の大きな違いは書類を提出してから開業できるまでの日数です。深夜酒類提供飲食店届の場合は受理されてから10日間後(初日不算入)でお店をオープン出来ます。しかし風俗営業許可の場合は55日と長い日数が必要です。

店舗を借りている経営者からすると一日でも早くオープンをしたいので実際には接待行為のある風俗営業許可が必要なのに関わらず、深夜酒類提供飲食店届で済ませてしまう方も少なくありません。しかし警察から摘発を受ける可能性が高いので、接待行為をするのであれば必ず風俗営業許可を取得しましょう。

アダチ
今回は深夜酒類提供飲食店届でガールズバーを始める場合に注目して解説を続けていきます。

ガールズバーの届出をする為の必要書類は?

深夜酒類提供飲食店届は風俗営業許可と比較すると必要書類は少なくなっています。以下の通りです。

  • 届出書
  • 営業の方法を記載した書類
  • 賃貸借契約書
  • 住民票の写し
  • 営業所の平面図
  • 営業所の求積図
  • 照明設備図
  • 音響設備図
  • 設備の詳細図
  • メニューの写し

静岡県警のHPを見ると図面は平面図と省略されていますが、実際には5,6,7,8の図面が必要です。1,2は静岡県警HPからダウンロードが可能です。

ガールズバーを開業するまでの流れは?

  1. 用途地域の確認(営業ができる地域か)
  2. 飲食営業許可を取得(申請から10日前後)
  3. 営業所の設備、構造の確認
  4. 店舗の計測
  5. 書類と図面の作成
  6. 管轄の警察に書類の提出
  7. 受理されてから10日後にオープン
アダチ
書類の作成がスムーズに進めば3週間程度でオープン出来ます。

ガールズバーの届出は自分でできるの?行政書士に依頼するメリットと報酬は?

結論から言えば行政書士に依頼せずとも届出をすることは可能です。しかし図面作成に警察独自のルールがあり慣れていないと非常に苦労します。また図面はCADで作成するのでCADを使ったことが無い方はより苦労するでしょう。(手書きでも可ですが、おススメしません)

一方行政書士に依頼すると必要書類の収集から図面作成まで全て代理してくれます。また深夜酒類提供飲食店届の場合は支払う報酬もそう高くはありません。

行政書士の報酬相場 70,000~120,000円

上記に加えて必要書類の取得費や交通費がかかる事務所もあります。

届出が面倒なら行政書士に任せた方が良い!

行政書士事務所

ガールズバーを開業する為の深夜酒類提供飲食店届は風俗営業許可と比較すると容易ですが、簡単ではありません。自身で届出をすることも不可能ではありませんが、何度も修正をして大幅なタイムロスになってしまうこともあります。

そうなるとオープンの時期がどんどん遅れて賃料のみを払うことになってしまうのでスムーズに手続きをしてくれる行政書士に依頼をすることもおススメします。しかし行政書士の中でも風俗営業許可や深夜酒類提供飲食店届などはニッチな分野なので依頼する場合は慎重に検討しましょう。

中には『風俗営業許可はお任せ下さい!』とHP上で記載してあるにも関わらず未経験の方も少なからずいます。その場合は専門的に業務を行っている行政書士よりも時間がかかってしまうので注意しましょう。

当事務所にお任せ頂ければご依頼から10日前後(飲食店営業許可は取得済みの場合)で警察に届出を致します。是非お気軽にお問合せ下さい。

 

深夜営業許可の依頼はこちら

 

  • この記事を書いた人

アダチ

足立悠貴(アダチユウキ) 静岡風俗営業許可.comの足立です。数多ある業務の中でも風俗営業という難しい業務にチャレンジするドM系行政書士です。静岡県内でキャバクラ・バーなどをオープンしたい方は是非お問合せ下さい。

-深夜酒類提供飲食店届に関する記事一覧

Copyright© 静岡風俗営業許可.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.