事例紹介

風営法の事例紹介①|静岡市でバーの営業許可を申請したよ

こんにちは!風俗営業許可.comの足立です。

2~5月はコロナをウィルスの影響で風営法関係の依頼はガッツリ減少しましたが、6月に入って少しづつ増えてきました。
ということで6月に申請をしたバーの営業許可の事例紹介を簡単にしていきます。

静岡市の葵区で深夜酒類提供飲食店届

らっこちゃん
深夜酒類提供飲食店届は、深夜0時以降にお酒を提供するお店が出す届出だよ

今回のお客様は21時~深夜3時までの営業時間なので深夜酒類提供飲食店届が必要です。
営業形態としてショットバーなのでキャバクラのように風俗営業の許可は不要です。

お店の内装も仕上がっていて後は整理するだけの様な状態です。
広さ的には30㎡ぐらいでしょうか…シンプルな形になっているので図面作成のための測量も2時間弱で終了しました。

ちなみに静岡市葵区の管轄は静岡中央警察署ですね。
申請に行く際は駐車場が無いので近くのパーキングに停めましょう。

店舗調査もスムーズに終わりました

届出をしてから大体10日以内の警察署の担当官の店舗調査があります。
静岡中央警察署の方は非常にスムーズに終わらせてくれました。

無事検査も終わり問題も無かったのでそのままお客様に請求書を渡して終了です。

今回のお客様は書類集め等も協力的で非常に助かりました。
ありがとうございます。

 

弊所ではキャバクラ・ホストクラブなどの風俗営業許可や今回のようなバーの営業許可を中心に依頼を受けています。
お困りの方は是非お気軽にご相談下さい♪

お問い合わせはこちらです

 

 

 

  • この記事を書いた人

アダチ

足立悠貴(アダチユウキ) 静岡風俗営業許可.comの足立です。数多ある業務の中でも風俗営業という難しい業務にチャレンジするドM系行政書士です。静岡県内でキャバクラ・バーなどをオープンしたい方は是非お問合せ下さい。

-事例紹介

Copyright© 静岡風俗営業許可.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.